用語集トップ

フォワードバイイングとは

【英】forward buying

フォワードバイイングとは、特売期間に特売として販売する以上の量を仕入れるなど、有利な時期にそのとき必要な量を超える商品を購入する行為のことをいう。

【関連】価格戦略EDLP

ブランデッド・バリアントとは

【英】branded variant

ブランデッド・バリアントとはチャネル・サポートの手段として特定の流通チャネル向けに提供されるオリジナル商品のことをいう。チャネル同士の競合を避けつつ取り扱いチャネルを広げる手段の一つとなる。

【関連】チャネル戦略、インダイレクト・チャネルライン拡張ブランド拡張

ブランド・ブリッジングとは

【英】brand-bridging

ブランド架橋戦略の項参照。

【関連】コ・ブランディングブランド拡張ライン拡張

ブランド連想のユニークさとは

【英】uniqueness of brand association

ブランド連想のユニークさとは、競争優位や消費者の購買意欲の源泉となる、ブランドに関する意味ある相違点のことをいう。

【関連】ブランド連想ブランド連想の強さブランド連想の好ましさ

ブランド活性化要素とは

【英】branded energizer

ブランド活性化要素とは、製品プロモーションスポンサーシップ活動、シンボルキャラクター、経営者、社員など、ブランドを活気づけるような要素のことをいう。

【関連】製品プロモーションシンボル

ブランド連想の強さとは

【英】strength of brand association

ブランド連想の強さとは、消費者がブランドについてどれだけ知識を持ち、深く考えるかによって決まる、ブランドに関する記憶の再生の容易さと大きさのことをいう。

【関連】ブランド連想ブランド連想の好ましさブランド連想のユニークさ

ブランド連想の好ましさとは

【英】favorability of brand association

ブランド連想の好ましさとは、企業が伝達できる情報と消費者がそれを望ましいと考える度合いとによって決まる、ブランドに関する好ましさの評価の度合いのことをいう。

【関連】ブランド連想ブランド連想の強さブランド連想のユニークさ

分散分析とは

【英】analysis of variance

分散分析とは複数(通常3以上)のグループ間で平均値を比較するための手法のことをいう。

【関連】多変量解析回帰分析

複合連想とは

【英】multiple association

複合連想とはブランド連想がさまざまな製品属性やパーソナリティ、組織などに及び広がりを持つことをいう。

【関連】ブランド連想組織連想製品属性連想ブランド・パーソナリティ

フリクエンシーとは

【英】frequency

フリクエンシーとは接触頻度のことをいう。媒体接触者一人当たり平均接触回数で表す。

【関連】GRPリーチ

フラッグシップ・ブランドとは

【英】flagship brand

旗艦ブランドの項参照。

【関連】威光ブランドキャッシュ・カウ・ブランドセカンド・ブランドフランカー・ブランド

ブランド・チャンピオンとは

【英】brand champion

ブランド・チャンピオンとはブランド戦略の組織上の責任者のことをいう。多くの場合、組織の上位者が担当する。

【関連】グローバル・ブランド・チームグローバル・マネジャービジネス・マネジメント・チーム

ブランド関係チャートとは

【英】brand relationship spectrum

ブランド関係チャートとはブランドの4つの基本戦略(マスター・ブランド戦略{{postid=“}}戦略”}}、{{postid=“}}戦略”}}、個別ブランド戦略)に沿ってブランドの役割を明確化するための分析手法のことをいう。

【関連】マスター・ブランド戦略サブ・ブランド戦略保証付ブランド戦略個別ブランド戦略

分散とは

【英】variance

分散とは偏差自乗和の平均によって得られるデータのばらつきの大きさを示す基本統計量のことをいう。

【関連】平均偏差

プレステージ・ブランドとは

【英】prestige brand

プレステージ・ブランドとはある製品カテゴリーの中で上位に位置し、高品質の象徴となり社会的地位を表象するようなブランドのことをいう。

【関連】プレミアム・ブランド

ブランド関係の質とは

【英】brand relationship quality

BRQの項参照。

【関連】ブランド・ロイヤルティブランド・パーソナリティ

プロダクト・ライフサイクルとは

【英】product life cycle

製品ライフサイクルの項参照。

【関連】製品開発段階発売段階成長段階成熟段階衰退段階

ファクトリー・アウトレットとは

【英】factory outlet

ファクトリー・アウトレットとはメーカーが所有または経営するオフプライス・ストアのことをいう。メーカーの過剰在庫のや通常の店舗では扱えない規格外品などの受け皿として利用されることが多い。

【関連】アウトレット・ストアカテゴリー・キラーディスカウントストアドラッグストアスーパーストアコンビニエンス・ストアオフプライス・ストア

ブランド・バンドリングとは

【英】brand bundling

ブランド・バンドリングとは共同ブランディングのことをいう。共同ブランディングの項参照。

【関連】成分ブランディング

フレーミング効果とは

【英】framing effect

フレーミング効果とは、問題や質問の提示のされ方によって意思決定が異なることをいう。

【関連】行動経済学

プロスペクト理論とは

【英】

プロスペクト理論とは、リスクを伴う意思決定が期待値にそのまま従って行われるのではなく、その人が置かれた状況によって左右されることを定式化しようとする理論のことをいう。

【関連】行動経済学

ブランド化成分とは

【英】branded ingredient

ブランド化成分とは製品に利用されベネフィットの源泉となる材料や技術などのことをいう。

【関連】ブランド差別化要素ブランド化特徴ブランドサービスブランド化プログラム

ブランド化技術とは

【英】branded technology

ブランド化技術とはブランド化成分のことをいう。ブランド化成分の項参照。

【関連】ブランド差別化要素ブランド化特徴ブランドサービスブランド化プログラム

ブランド化サービスとは

【英】branded service

ブランドサービスとは製品サービスに付帯して提供されるサービスのことで、ブランドを強化する役割を果たすもののことをいう。

【関連】ブランド差別化要素ブランド化特徴ブランド化成分ブランド化プログラム

ブランド化プログラムとは

【英】branded program

ブランド化プログラムとはオーナーズクラブなど製品サービスに関連したプログラムを提供することによってブランドを強化するためのプログラムのことをいう。

【関連】ブランド差別化要素ブランド化特徴ブランド化成分ブランドサービス

複雑型購買行動とは

【英】complex buying behavior

複雑型購買行動とは消費者の購買関与度が高くブランド間の格差が大きい状況における購買行動のことをいう。価格が高く購入にリスクを伴うため消費者は慎重に情報収集を行う傾向にあることから、自社ブランドの優位性を伝達するためのコミュニケーションが重要となる。

【関連】購買行動のタイプ不協和解消型購買行動習慣的購買行動、バラエティシーキング型購買行動

不協和解消型購買行動とは

【英】dissonance-reducing buying behavior

不協和解消型購買行動とは消費者の購買関与度が高くブランド間の格差が小さい状況における購買行動のことをいう。消費者は商品の検討は行うが比較的早く購入に至る傾向にある。また、購入後に不協和(不満足)を感じることがあることから、購入後のコミュニケーションが重要となる。

【関連】購買行動のタイプ複雑型購買行動習慣的購買行動、バラエティシーキング型購買行動、認知的不協和

ブランド差別化要素とは

【英】branded differentiator

ブランド差別化要素とは、製品の特徴や技術、成分、サービスなど、ブランドの優れた点を示し差別化ポイントとなる要素のことをいう。

【関連】イメージの差別化ブランド化特徴ブランド化成分ブランドサービスブランド化プログラム共同ブランドブランド提携

ブランド化特徴とは

【英】branded feature

ブランド化特徴とはベネフィットを生み出す製品サービスの特徴のことをいう。

【関連】ブランド差別化要素ブランド化成分ブランドサービスブランド化プログラムベネフィット

複数ロイヤルとは

【英】fence sitters

複数ロイヤルとはロイヤルティ・セグメンテーションにおいて複数のブランドの間で選択が揺れ動くような人々のセグメントのことをいう。

【関連】ブランド・ロイヤルティロイヤルティ・セグメンテーション非顧客価格ロイヤル消極ロイヤル積極ロイヤルロイヤルティのピラミッド