用語集トップ

アカウンタビリティ社とは

【英】AccountAbility

アカウンタビリティ社とは英国にある非営利組織The Institute of SoCIal and Ethical AccountAbilityのことをいう。サステナビリティ・レポートのガイドラインとしてAA1000ガイドラインを提唱する。

【関連】CSR、SRIGRIサステナビリティ・レポートAA1000

アンカリング効果とは

【英】anchoring effect

アンカリング効果とは、船が錨(アンカー)を降ろすと錨と船を結ぶともづなの範囲しか動けない比喩から、最初に印象に残った数字や物がその後の判断に影響を及ぼすことをいう。

【関連】行動経済学

後知恵とは

【英】hindsight

後知恵とは何か事が起こった後でその原因に言及することをいう。事前には予想できなかったことが事後には必然的であったかのように判断する心理的バイアスの一つ。

【関連】行動経済学

アクセス経験とは

【英】access experience

アクセス経験とは特定のWebサイトに対するユーザーアクセス経験の有無や頻度を表す指標のことをいう。

【関連】インターネット視聴率Web Equity

傘ブランドとは

【英】umbrella brand

傘ブランドとは個々の製品ブランドよりよく知られる製品・サービスグループのブランドのことをいう。

【関連】マスター・ブランドドライバー・ブランドエンドーサー

アカウント・プランナーとは

【英】account planner

アカウント・プランナーとは広告主に対して企画を提案する広告会社の担当者のことをいう。

【関連】クリエイティブ・ディレクターブランド広告

アウトレット・ストアとは

【英】outlet store

アウトレット・ストアとは、メーカーや専門店が売れ残り品や規格外品を格安で販売するための店のことをいう。

【関連】カテゴリー・キラーパワー・センター

アクセス係数とは

【英】access factor of website

Webサイトのアクセス係数とはアクセス人数および頻度、一人当たりPVによって指数化される当サイトのアクセス度のことをいう。

【関連】価値係数閲覧価値

アイドマとは

【英】AIDMA

アイドマとはAIDMAのことをいう。AIDMAの項参照。

【関連】AISAS

アイサスとは

【英】AISAS

アイサスとはAISASのことをいう。AISASの項参照。

【関連】AIDMA

アイデンティティとは

【英】identity

アイデンティティとはブランド・アイデンティティのことをいう。ブランド・アイデンティティの項参照。

【関連】ブランド要素

アップセルとは

【英】up sell

アップセルとは以前購入したものより上級グレードの製品・サービスの購入を顧客に促すことをいう。

【関連】クロスセル

アップセリングとは

【英】up selling

アップセリングとはアップセルのこと。アップセルの項参照。

【関連】クロスセリング

アイデンティティ・ブランドとは

【英】identity brand

アイデンティティ・ブランドとは消費者による自己表現を助けるブランドのことをいう。

【関連】シンボルブランド・リーダーシップパワー・ブランドエクスプローラー・ブランドアイコン・ブランド

アイコン・ブランドとは

【英】icon brand

アイコン・ブランドとは、文化や価値観などの象徴となるようなブランドをいう。

【関連】シンボルブランド・リーダーシップパワー・ブランドエクスプローラー・ブランドアイデンティティ・ブランド

アーカーとは

【英】Arker

アーカーとはブランド論の第一人者David A. Arkerのことをいう。カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院名誉教授(マーケティング戦略論)。主要著書に「ブランド・エクイティ戦略」「ブランド優位の戦略」「ブランド・リーダーシップ」「ブランド・ポートフォリオ戦略」がある。

【関連】ケラーコトラー

アンブレラ効果とは

【英】umbrella effect

アンブレラ効果とはブランドの傘による効果のことをいう。ブランド効果の項参照。

【関連】エンドーサーマスター・ブランド企業ブランド

アンブレラ・ブランドとは

【英】umbrella brand

アンブレラ・ブランドとはブランドの傘の役割を果たすブランドのことをいう。企業ブランドなどが用いられることが多い。

【関連】エンドーサーマスター・ブランド企業ブランド