ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

Reach Next

活用事例2 – コミュニケーション効果/媒体価値の把握

例1:販売状況と接触状況の関連性を見出す

販売実績と接触回数

【図4】販売実績と接触回数

オンライン上での平均接触回数と製品の売上推移を比較するなどにより、販売状況と接触状況の関連性を見出したり、法則性を検証したりすることができます。

コミュニケーションの目標値設定などに役立てることができます。


例2:コミュニケーション活動をベンチマークする

接触者数と累積接触者数

【図5】接触者数と累積接触者数

新製品のキャンペーンに関する情報などが視聴者に広がっていく様子がわかります。ベンチマークとなる競合製品についても状況を把握することで、市場における自社および競合のコミュニケーション活動の水準を明らかにすることができます。


例3:ニュースリリースなどで対外発表した情報の広がりを把握する

対外発表した情報の広がりを把握する


社外的なコミュニケーションの成果を、従来のようにブログにおける投稿数など瞬発的な情報発信数のフローで評価するのではなく、日々累積される受信数=接触者数で評価するため、情報の広がりとその到達度にストックの視点を加えて評価することができます。


例4:マスメディア、オンラインメディアを統一的な指標で評価する

マスメディア、オンラインメディアを統一的な指標で評価する


オンラインメディアに掲載された情報を何人見たか(リーチ)、何回見たか(フリークエンシー) など、マスメディアの指標であるGRPや発行部数と同様の指標で把握することができます。これにより、マスメディアと同様の視点でコミュニケーション成果を評価することが可能となります。


例5:オンライン上の露出の効果を金額換算する

オンライン上の露出の効果を金額換算する01
オンライン上の露出の効果を金額換算する02
オンライン上の露出の効果を金額換算する03


基準単価を設定することにより、接触者数(あるいはPVなど)×基準単価(***円/人など)などの計算式を用いて露出の効果を金額換算して示すことができます。

印刷する 印刷する