ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

Web Equity2014

調査目的

Web Equity(ウェブ エクイティ)では、Webサイトによって得られる4つの効果(接触効果、好感効果、販売効果、ロイヤルティ効果)を把握し、企業が運営するWebサイトの事業貢献度を明らかにするためのプログラムです。

さらに、Webサイトの事業貢献度に基づき、Webサイト価値を評価します。

Web Equity(ウェブ エクイティ)では、Webサイトのマーケティング効果を高め、投資収益性を向上させることを目的としています。

【図1】調査目的


印刷する 印刷する