ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

企業情報サイトランキング

企業情報サイトランキング 2019 業種別ランキング

業種名一覧

No.業種名
1食品・水産
2化学・繊維
3電機・精密
4機械・輸送用機器
5鉄・非鉄金属/建設・不動産
6窯業・金属製品・ゴム製品
7その他製品
8電気・ガス・石油製品
9運輸
10情報・通信
11サービス
12商業
13金融・保険



食品・水産

順位企業名スコア
1サントリー105.8
2明治ホールディングス98.3
3カゴメ96.2
4日清食品ホールディングス95.5
5日清製粉グループ本社95.2
6カルビー94.7
7キッコーマン93.3
8Mizkan Holdings92.2
9キユーピー91.7
10江崎グリコ90.5
11味の素90.3
12伊藤園89.0
13森永乳業87.2
14マルハニチロ86.8
15ハウス食品グループ本社86.3
16キリン84.3
17ヤクルト本社84.2
18サッポロビール81.8
19日本ハム81.5
20ニチレイ79.7
21アサヒビール79.5
22日本コカ・コーラ79.4
23ポッカサッポロフード&ビバレッジ78.5
24アサヒ飲料77.8
25東洋水産77.5
26ニッスイ(日本水産)75.8
27雪印メグミルク75.2
28ダイドードリンコ73.0
29日本製粉72.2
30JT(日本たばこ産業)57.3


このページのトップへ


化学・繊維

順位企業名スコア
1富士フイルム100.0
2資生堂97.2
3花王96.3
4ユニ・チャーム87.3
5DNP(大日本印刷)87.2
6三井化学86.2
7凸版印刷84.7
8第一三共83.7
9ライオン83.0
10旭化成81.7
11武田薬品工業80.7
12三菱ケミカルホールディングス79.7
13日東電工79.0
14日立化成78.5
15積水化学工業77.7
16住友化学77.2
17塩野義製薬76.0
18東レ75.5
19帝人74.5
20エーザイ73.8
21田辺三菱製薬73.3
22アステラス製薬72.5
23P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)70.8
24ポーラ・オルビス ホールディングス69.5



このページのトップへ

電機・精密


順位企業名スコア
1キヤノン91.0
2エプソン(セイコーエプソン)90.8
3京セラ90.2
4オリンパス86.3
5三菱電機84.8
6パナソニック82.3
7ソニー82.2
8セイコーホールディングス82.0
9ダイキン工業81.8
10日立製作所81.2
11TDK81.0
12シチズン時計80.8
13カシオ計算機80.7
14日立ハイテクノロジーズ79.8
15ニコン77.8
16村田製作所77.5
17島津製作所76.3
18NEC(日本電気)76.0
19テルモ75.5
20リコー73.2
21ブラザー工業71.3
22富士通71.0
23富士ゼロックス68.6
24シャープ68.5
25日本電産67.7
26東京エレクトロン66.2
27シスメックス65.5
28アルプスアルパイン64.2
29コニカミノルタ63.0
30JVCケンウッド62.2
31オムロン60.7
32ファナック58.5
33富士電機58.0
34東芝57.7
35横河電機53.8
36ルネサス エレクトロニクス49.8



このページのトップへ

機械・輸送用機器

順位企業名スコア
1トヨタ自動車91.2
2ホンダ(本田技研工業)83.3
3ダイハツ工業80.8
4スズキ75.7
5デンソー75.3
6川崎重工業74.3
7コマツ(小松製作所)73.0
7クボタ73.0
9IHI71.8
10三菱重工業70.8
11SUBARU70.5
12日立建機67.0
13日野自動車66.3
14日産自動車65.3
15シマノ64.5
16マツダ64.2
17いすゞ自動車63.3
18三菱自動車工業41.0



このページのトップへ

鉄・非鉄金属/建設・不動産

順位企業名
スコア
1住友林業83.3
2鹿島建設80.7
3大林組78.7
4JFEホールディングス76.5
5日立金属76.3
6日本製鉄76.2
7住友電気工業76.0
8三菱マテリアル75.0
9清水建設74.2
10積水ハウス72.7
10住友不動産72.7
12三菱地所71.0
13大和ハウス工業70.2
14三井不動産69.2
15大成建設68.5
16竹中工務店67.6
17野村不動産ホールディングス67.0
18神戸製鋼所63.3



このページのトップへ

窯業・金属製品・ゴム製品

順位企業名スコア
1TOTO103.2
2ブリヂストン96.5
3LIXILグループ94.0
4日本板硝子89.0
5日本ガイシ87.5
6三協立山82.3
7AGC81.3
8TOYO TIRE81.0
9セントラル硝子79.8
10日本電気硝子78.3
11サンゴバン72.2
12コーニングジャパン63.2



このページのトップへ

その他製品

順位企業名スコア
1ヤマハ100.8
2コクヨ90.2
3ピジョン89.8
4タカラトミー88.5
5バンダイナムコホールディングス86.0
6任天堂84.5



このページのトップへ

電気・ガス・石油製品

順位企業名スコア
1東京ガス78.5
2コスモエネルギーホールディングス76.5
3大阪ガス71.3
3出光興産(出光昭和シェル)71.3
5J-POWER(電源開発)71.0
6JXTGホールディングス68.8
7九州電力67.8
8中国電力61.7
9中部電力60.0
10東京電力ホールディングス56.5
11東北電力56.0
12関西電力36.3



このページのトップへ

運輸

順位企業名スコア
1ANAホールディングス101.3
2JAL(日本航空)93.3
3ヤマトホールディングス81.8
4小田急電鉄77.8
5JR東日本(東日本旅客鉄道)75.0
6日本通運74.2
7JR西日本(西日本旅客鉄道)72.8
8JR東海(東海旅客鉄道)71.3
9西武ホールディングス70.7
10日本郵船67.7
11商船三井67.0
12東武鉄道66.0



このページのトップへ

情報・通信

順位企業名スコア
1キヤノンマーケティングジャパン80.3
2日本マイクロソフト70.8
3ヤフー70.7
4コナミホールディングス70.3
5ソニーネットワークコミュニケーションズ68.0
6野村総合研究所66.0
7NTTデータ65.5
8インターネットイニシアティブ(IIJ)64.0
9スクウェア・エニックス・ホールディングス59.7
10日本ユニシス57.8
11大塚商会57.0
12NTTドコモ56.5
13CTC(伊藤忠テクノソリューションズ)55.7
14NTTコミュニケーションズ55.0
15KDDI54.8
16ソニーモバイルコミュニケーションズ53.8
17SCSK52.5
18LINE51.5
19日本オラクル51.3
20NTT東日本(東日本電信電話)50.8
22ビッグローブ49.6
23NTT西日本(西日本電信電話)48.2
23ニフティ48.2
24ソフトバンク47.2



このページのトップへ

サービス

順位企業名スコア
1ベネッセホールディングス55.5
2セコム53.0
3日本郵政51.7
4楽天51.2
5ALSOK(綜合警備保障)48.2
6ニチイ学館47.3



このページのトップへ

商業

順位企業名スコア
1三菱商事85.0
1三井物産85.0
3ゼンショーホールディングス82.8
3伊藤忠商事82.8
5住友商事82.3
6イオン82.2
7すかいらーくホールディングス81.0
8セブン&アイ・ホールディングス80.2
9ファミリーマート78.7
10良品計画78.2
11モスフードサービス77.5
12ローソン76.0
12日本マクドナルドホールディングス76.0
14吉野家ホールディングス74.7
15丸紅71.8
16双日68.2
17サイゼリヤ67.3
18三越伊勢丹ホールディングス62.7



このページのトップへ

金融・保険

順位企業名スコア
1三菱UFJフィナンシャル・グループ83.3
2日本生命74.7
3第一生命72.7
4三井住友フィナンシャルグループ71.5
5野村ホールディングス70.3
6ソニーフィナンシャルホールディングス70.2
7東京海上日動火災保険70.0
8みずほフィナンシャルグループ67.5
9三井住友海上火災保険67.3
10SOMPOホールディングス65.7
10住友生命65.7
12明治安田生命64.7
13アフラック生命63.7
14大和証券グループ本社62.2
15オリックス62.0
16りそなホールディングス59.3
17メットライフ生命56.7
18ゆうちょ銀行55.5
19T&Dホールディングス52.2
20三井住友トラスト・ホールディングス50.0
21SMBCコンシューマーファイナンス49.5
22新生銀行48.8
23アコム42.8
24かんぽ生命38.8



このページのトップへ

指標の算出方法

CCサイト指数(総合評価)

6コンテンツ(非上場企業はIRを除く5コンテンツ)のコンテンツ評価指数の合計をCCサイト指数とし、総合評価指標とした。

コンテンツ評価指数

ユーザーがコンテンツを5段階で評価した結果に下記のウェイトをかけて平均したものをコンテンツ評価指数とした。

評価項目とウェイト値は下記の通りである。
とても良い+2、まあ良い+1、どちらともいえない0、やや悪い-1、とても悪い-2

たとえば、回答者の100%が「とても良い」と回答した場合、コンテンツ評価指数は200ポイントとなる(理論上の最高スコア)。

調査の詳細ほか

印刷する 印刷する