ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

企業情報サイト調査2008

News Release 企業情報サイト調査 2008

News Release「企業情報サイト第1位はサントリー」

2008年11月18日

結果概要

日本ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表者・榛沢明浩)は、有力企業250社の企業情報サイトについてユーザーからの評価を行い、その結果を公表した。

1位はサントリーで、全てのコンテンツで安定した高い評価を得た。2位はトヨタ自動車となった。

CCサイト指数ランキング

順位 企業名 業種名 ポイント
1 サントリー 食品・水産 116.4
2 トヨタ自動車 機械・輸送用機器 99.8
3 アサヒビール 食品・水産 98.5
4 キリンビール 食品・水産 96.8
5 パナソニック 電機・精密 94.7
6 カゴメ 食品・水産 93.5
7 アサヒ飲料 食品・水産 93.0
8 大塚製薬 化学・繊維 91.8
9 味の素 食品・水産 90.0
10 TOTO 窯業・金属製品・ゴム製品 89.2
11 キッコーマン 食品・水産 88.7
12 ブリヂストン 窯業・金属製品・ゴム製品 87.5
13 サッポロビール 食品・水産 87.3
14 ハウス食品 食品・水産 87.2
15 本田技研工業 機械・輸送用機器 87.0
16 キユーピー 食品・水産 86.7
17 富士フイルム 化学・繊維 86.3
18 伊藤園 食品・水産 85.8
19 新日本石油 電力・ガス・石油製品 85.7
20 オリンパス 電機・精密 85.5

※ランキングの詳細はこちら

調査内容

業種別に抽出した企業情報サイトユーザーに対象サイトのコンテンツを閲覧してもらい、その評価をしてもらった。対象の企業情報は会社案内、ニュースリリース、技術・品質、CSR・環境、IR、経営理念の6コンテンツである。回答者はコンテンツを閲覧のうえ、それぞれ5段階評価を行う。また、総合評価であるCCサイト指数は6つのコンテンツ評価(非上場企業はIRを除く5つのコンテンツ)の平均によって算出した。

調査は2008年10月、インターネットを通じたアンケートによって行った。有効回答数は12600人。

詳しくは、こちらをご覧ください。https://japanbrand.jp/product/cc/cc2008/

本件に関するお問合せ先

  • 株式会社 日本ブランド戦略研究所
  • 住所:〒105-0021 東京都港区東新橋1-3-9 楠本第六ビル8F
  • 電話・FAX・メールでのお問い合わせはこちらへ
印刷する 印刷する