MENU

Brand Strategy journal ブランド戦略通信

サポートランキング

コールセンターランキング2022
コールセンター評価指数(全ランキング) 

下表は、「コールセンター評価指数」をランキングしたものである。
「コールセンター評価指数」は、各社のコールセンターについて利用経験者の5段階評価と、電話での問題解決率をアンケートにより抽出し、その結果に基づいて算出した。なお、調査対象者は各社のコールセンター利用経験者(過去1年以内)とした。

*評価指数の算出方法詳細はこちら

最も評価が高かったのはディズニープラス(動画配信サービス)だった。以下2位三井ダイレクト損保(自動車保険)、3位任天堂(ゲーム機・ゲームソフト)と続く。

 

  • 順位企業・サービス名製品・サービス分野コールセンター
    評価指数
    (単位:Pt)
    1ディズニープラス動画配信サービス69.0
    2三井ダイレクト損保自動車保険65.7
    3任天堂ゲーム機・ゲームソフト64.9
    4Fitbitスマートウオッチ64.8
    5ファンケルオンライン化粧品通販・健康食品通販63.5
    6大和証券証券63.4
    6スカパー!有料放送サービス63.4
    8アフラック生命生命保険/医療保険63.3
    9第一三共ヘルスケアOTC医薬品63.1
    10mineo携帯電話会社63.0
    11損保ジャパン自動車保険62.9
    11Netflix動画配信サービス62.9
    13ドクターシーラボ化粧品通販・健康食品通販62.5
    14野村證券証券62.3
    15Amazonプライム・ビデオ動画配信サービス62.2
    16富士フイルム化粧品通販・健康食品通販62.1
    17Garminスマートウオッチ62.0
    18SBI証券証券61.6
    19WOWOW有料放送サービス61.3
    20Appleスマートウオッチ61.2
    21資生堂化粧品・トイレタリー60.8
    22大正製薬OTC医薬品60.3
    22サントリーウエルネス化粧品通販・健康食品通販60.3
    24ライオンOTC医薬品60.1
    24DHC化粧品通販・健康食品通販60.1
    26アリナミン製薬OTC医薬品60.0
    27UQ mobile携帯電話会社59.8
    28花王化粧品・トイレタリー59.6
    29ライオン化粧品・トイレタリー59.5
    30ANA(全日空)運輸・旅行59.4
    30ソニー損保自動車保険59.4
    32セイコーウオッチ時計59.1
    33明治安田生命生命保険/医療保険58.8
    34オルビス化粧品通販・健康食品通販58.5
    34イーデザイン損保自動車保険58.5
    36三井住友海上火災保険自動車保険58.4
    37カシオ時計58.3
    38SMBC日興証券証券58.2
    39シチズン時計58.0
    40松井証券証券57.9
    41Hulu動画配信サービス57.6
    42P&G化粧品・トイレタリー57.2
    43ソニー(PlayStation)ゲーム機・ゲームソフト57.1
    44小林製薬化粧品・トイレタリー56.0
    45ソニー生命生命保険/医療保険55.8
    46SBI損保自動車保険55.7
    47JAL(日本航空)運輸・旅行55.5
    48セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)自動車保険55.1
    48マネックス証券証券55.1
    50ニコンデジタルカメラ55.0
    51キヤノンプリンター・パソコン周辺機器(個人)54.6
    51カシオスマートウオッチ54.6
    53三井住友カードクレジットカード54.5
    54ロート製薬OTC医薬品54.3
    55ユニ・チャーム化粧品・トイレタリー54.0
    55東京ガス電力・ガス54.0
    55リコープリンター・パソコン周辺機器(個人)54.0
    58ロジテックプリンター・パソコン周辺機器(個人)53.6
    59アクサダイレクト自動車保険53.5
    60docomo携帯電話会社53.3
    61ダイソン家電製品53.2
    61バルミューダ家電製品53.2
    63東京海上日動火災保険自動車保険53.1
    64小林製薬OTC医薬品53.0
    64ソニー(wena)スマートウオッチ53.0
    66三菱UFJニコスクレジットカード52.8
    67エプソンダイレクトパソコン52.4
    68楽天証券証券52.0
    69メットライフ生命生命保険/医療保険51.9
    70じゃらん運輸・旅行51.7
    70日本HPプリンター・パソコン周辺機器(個人)51.7
    72HIS運輸・旅行51.6
    73関西電力電力・ガス51.2
    74エレコムプリンター・パソコン周辺機器(個人)51.0
    75アメリカン・エキスプレスクレジットカード50.8
    76大阪ガス電力・ガス49.6
    77アクサ生命生命保険/医療保険49.5
    77U-NEXT動画配信サービス49.5
    79日本HPパソコン49.2
    80JR西日本運輸・旅行49.1
    81パナソニック家電製品48.9
    82Appleパソコン48.8
    83オリックス生命生命保険/医療保険48.6
    84日本生命生命保険/医療保険48.3
    84LIXIL住宅設備48.3
    86アイ・オー・データ機器プリンター・パソコン周辺機器(個人)48.2
    87au携帯電話会社47.8
    87ブラザー工業プリンター・パソコン周辺機器(個人)47.8
    89JTB運輸・旅行47.6
    90ドコモ光インターネット接続サービス47.3
    90パナソニックデジタルカメラ47.3
    92dカードクレジットカード47.2
    92パナソニック住宅設備47.2
    94住友生命生命保険/医療保険47.1
    95JCBカードクレジットカード47.0
    95かんぽ生命生命保険/医療保険47.0
    95auひかりインターネット接続サービス47.0
    98Acer(エイサー)パソコン46.6
    99住信SBIネット銀行(NEOBANK)銀行46.3
    100パナソニックパソコン45.9
    101エプソンプリンター・パソコン周辺機器(個人)45.8
    102アイロボット(ルンバ、ブラーバ)家電製品45.5
    103楽天カードクレジットカード45.4
    104バッファロープリンター・パソコン周辺機器(個人)45.3
    105イオンカードクレジットカード45.1
    105第一生命生命保険/医療保険45.1
    105キヤノンデジタルカメラ45.1
    108イオン銀行銀行45.0
    108J:COMインターネット接続サービス45.0
    110三菱UFJ銀行銀行44.4
    111セゾンカードクレジットカード44.2
    112TOTO住宅設備44.1
    113三井住友銀行銀行43.7
    113ahamo携帯電話会社43.7
    115au PAYモバイル決済サービス43.4
    116ソニー家電製品43.3
    117d払いモバイル決済サービス43.0
    118NEC(LAVIE)パソコン42.9
    119PayPayカードクレジットカード42.7
    120日立家電製品42.4
    121フレッツ光(NTT西)インターネット接続サービス42.2
    122エポスカードクレジットカード41.8
    123ダイキン工業家電製品41.6
    124楽天トラベル運輸・旅行41.5
    125楽天銀行銀行41.1
    125デルパソコン41.1
    127シャープ家電製品40.6
    128Dynabookパソコン40.3
    129みずほ銀行銀行40.2
    130ソニーデジタルカメラ40.0
    131JR東日本運輸・旅行39.9
    131Y!mobile携帯電話会社39.9
    133楽天ペイモバイル決済サービス39.2
    134東京電力電力・ガス39.0
    134レノボパソコン39.0
    136富士フイルムデジタルカメラ38.7
    137ASUSパソコン37.8
    138ライフカードクレジットカード37.4
    138ゆうちょ銀行銀行37.4
    140PayPayモバイル決済サービス37.0
    141PayPay銀行銀行36.9
    142東芝家電製品36.8
    143VAIOパソコン36.6
    144フレッツ光(NTT東)インターネット接続サービス36.3
    145アイリスオーヤマ家電製品35.9
    146富士通(FMV)パソコン35.7
    147オリコカードクレジットカード34.8
    148三菱電機家電製品33.3
    149SoftBank携帯電話会社32.7
    150SoftBank 光インターネット接続サービス29.8
    151NURO 光インターネット接続サービス23.2
    152楽天モバイル携帯電話会社20.9

 

指標の算出方法

コールセンター評価指数

各社のコールセンターについて、コールセンターの有用度及び電話での問題解決率をアンケート調査に基づき算出し、おのおのの偏差値を平均したものをコールセンター評価指数とした。

コールセンター有用度

ユーザーがコールセンターを5段階で評価した結果に下記のウェイトをかけて平均したものをコールセンター有用度とした。

評価項目とウェイト値は下記の通りである。
とても評価+1.5、まあ評価+1、どちらともいえない0、あまり評価できない-1、まったく評価できない-1.5

たとえば、回答者の100%が「とても良い」と回答した場合、コンテンツ評価指数は150ポイントとなる(理論上の最高スコア)。

電話での問題解決率

コールセンターを利用して、問題解決できた割合を平均したものを電話での問題解決率とした。

このページのトップへ
 

製品・サービス別ランキング

コールセンター評価指標の製品・サービス別ランキングはこちらから

調査の詳細

本調査の詳細はこちらから

 

印刷する 印刷する