ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

BtoBサイト調査結果分析2017

第6回:BtoBサイトで利用したいサービス

最も利用したいサービスは製品・サービス選定を支援する機能

図1はBtoBサイトで利用したいサービスについて、BtoBユーザーに利用したいサービス順に1位、2位、3位を選択してもらい、加重平均を算出した結果である。最もポイントが高かったのは「製品・サービス選定を支援する機能」(61.6ポイント)であった。製品・サービス分野によっては非常に多くの製品を扱うサイトもあり、目的に合った製品、必要としている製品を選択することは難しい場合もある。そのような時に「製品・サービス選定を支援する機能」はユーザーが効率的に製品を選択するのに役立つといえる。

(複数回答、回答者の割合)製品・サービスを支援する機能 61.6%、製品・サービスの購入 57.4%、業界動向・技術動向がわかるコンテンツ 54.2%、新製品情報のお知らせ機能 51.6%、見積りシミュレーション 49.5%、社内資料作成に役立つ素材 48.5%、動画での製品・サービス紹介、使用方法紹介 47.1%、スキルアップに役立つコンテンツ 46.0%、よく使う機能やページの登録 30.8%、用語集などの辞書系コンテンツ 30.8%、製品・サービスの試用申込み 30.1%、修理依頼サービス 29.1%、展示会や講習会の参加申込み 24.5%、担当者への訪問依頼 22.1%、問合せや回答履歴の保存 16.8%

次いで「製品・サービスの購入」(57.4ポイント)であった。製品の中にはサイト上で購入できたほうがユーザーにとって負担が減らせるものもあると思われ、これが上位になっていると考えられる。次に「業界動向・技術動向がわかるコンテンツ」(54.2ポイント)となっている。業界によっては技術進歩が速く、ユーザーが情報を収集し、理解していくことが難しい場合もある。そのような時にその業界に属する企業のサイトで業界や技術の動向を知ることができるのは、ユーザーにとって有用であり、その企業への信頼にもつながるだろう。

製品・サービス分野の違いにより、求められるニーズも異なってくる。自社の製品・サービス分野がユーザーに求められているサービスを知ることで、よりユーザーのニーズに合ったサイトにしていくことも必要であろう。

調査の詳細はこちら

ランキングはこちら

印刷する 印刷する