ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

BtoBサイト調査結果分析2014

第5回:ニーズ充足者と非充足者の違い

グラフはニーズ充足者と非充足者のそれぞれについて、各社のBtoBサイトに対する印象を尋ねた結果をまとめたものである。

ニーズ充足とサイトの印象との関係,(それぞれニーズ充足者,ニーズ非充足者の順に)製品・サービスの特徴を理解しやすい40.9%,9.9%, 仕事上の課題解決に役立つ29.0%, 14.5% 用途・メリットを理解しやすい26.1%,9.6 情報が豊富である16.0%,7.8% 企業やその製品・サービスに関心がわく14.2%, 9.3% 使いやすい 7.5%, 4.4%

【図1】ニーズ充足とサイトの印象との関係(2014年)

※回答者の割合、複数回答

ニーズ充足者と非充足者で最も違いが大きいのは「製品・サービスの特徴を理解しやすい」に対する評価である。ニーズ充足者は40.9%が該当するのに対し、非充足者は9.9%と大きな差がある。

第2回で見たように、BtoBサイトの利用目的として最も大きいものは「製品・サービスの詳細情報を調べる」である。このニーズを満たすかどうかによって印象が大きく左右され、ニーズ充足度に大きな影響が及ぼされる。同様の理由で「用途・メリットを理解しやすい」もニーズ充足者と非充足者の間での差が大きい。

また、BtoBサイトユーザーは業務上の課題を抱えてアクセスすることを背景に、「仕事上の課題解決に役立つ」もニーズ充足を左右する大きな要因となっている。

BtoBサイトの運営者はこれらの点に対するユーザーからの評価に絶えず注意を払うことが重要である。

印刷する 印刷する