ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

ブランドなんでもランキング

第65回:企業・団体の略称と正式名称

私たちに馴染みがある企業、団体の名称には正式名称のほかに略称があることも少なくありません。こうした企業、団体の略称と正式名称についてのイメージをたずねてみました。

NEC(日本電気株式会社)

1899年に日本初の外国資本(米国ウェスタン・エレクトリック(当時))との合弁会社として設立された日本電気株式会社です。NECはもともと旧英社名「Nippon Electric Company, Limited」の頭文字からとったもので現在の英語表記はNEC Corporationとなっています。私たちが目にする機会はパソコンのロゴの「NEC」が多いのかもしれません。ITソリューション事業やキャリアネットワークなどのBtoB事業の売上が主力でパソコンなどパーソナルソリューション事業では全体の5分の1ほどとなっています。「略称の方が馴染みがある」人が72%と非常に多く、「正式名称を知らなかった」(22%)と5人に1人の割合でいたものの、略称と正式名称が別の会社と思っていた人は1人もおらず、基本的に略称と正式名称が結び付いて理解されているようです。

IBM(International Business Machines Corporation)

次にInternational Business Machines Corporation、ビジネス用途のコンピュータ製品・システムを扱う企業でIBMはその頭文字をとった略称です。「正式名称を知らなかった」が41%と他の企業、団体よりかなり多くいます。もっとも日本法人の名称は「日本アイ・ビー・エム株式会社」なのでこれは無理もないかもしれません。

SMBC(株式会社三井住友銀行)

続いて株式会社三井住友銀行です。かねてより提携や合併を繰り返してきた銀行業界において、平成以降は三井銀行と太陽神戸銀行が合併し太陽神戸三井となり、その後さくら銀行への名称変更を経、さらに住友銀行と合併し平成13年(2001年)に三井住友銀行となりました。その後わかしお銀行と合併し、現体制になっています。SMBCは英語表記は「Sumitomo Mitsui Banking Corporation」の略で「SMBC日興証券」、「 SMBCコンシューマーファイナンス」など系列の企業名にも使われています。「正式名称の方が馴染みがある」は57%に対し「略称を知らなかった」は26%、「略称と正式名称がすぐに結びつかない」(16%)とSMBCの略称が一般に浸透しているとは言えないようです。また「正式名称の方が丁寧な感じがする」(27%)が「略称の方が洗練された感じがする」(8%)を大きく上回っています。こちらは元より日本を代表する財閥系の銀行であり、それまでに比べると略称が生まれてからの歴史はまだ日が浅く、浸透するにはもう少し時間が必要なのかもしれません。

JRA(日本中央競馬会)

日本中央競馬会は農林水産省が監督する競馬を行う法人で日本中央競馬会法によって組織や運営が定められています。略称のJRAは、英文表記の「Japan Racing Association」から取ったもので1987年に風の中を疾走する馬をデザインしたシンボルマーク、場外勝馬投票券発売所の愛称ウインズ(WINS)とともに制定されました。すでに30年近く経過することもあり約半数の人が「略称のほうが馴染みがある」と答えています。

ICU(国際基督教大学)

最後は東京都三鷹市にある私立大学、国際基督教大学です。戦後まもない時期にキリスト教精神に基づく総合大学の設立が計画され、当時の日米協力によるキリスト教大学建設事業に対する支援として具体化されました。日米双方で数多くの人々から募金が寄せられ、これらの国際的な善意により1949年に日本と北米のキリスト教界の指導者たちによって設立されました。ICUは「International Christian University」の略です。

「略称を知らなかった」(29%)と「正式名称を知らなかった」(26%)がいずれも「略称の方が馴染みがある」(25%)、「正式名称の方が馴染みがある」(16%)を上回っており、一般的な知名度は必ずしも高いといは言えないようですが、どちらかといえば略称の方が認知されているようです。

企業や団体のサイトを見てもNECのように正式名称をあまり使用せず略称のみを使用しているもの、ICUのように略称をロゴ的に用い、その横に正式名称を併記しているものなどそれぞれ使い方が異なるようです。今回取り上げた例では略称の方が認知されているパターンが多くみられました。しかし、当の企業、団体における用法や略称が用いられるようになってからの時間の長さによって認知のされ方は異なってくるようです。

調査概要

全国20歳以上男女のインターネットユーザーから回答を得た

サンプル数 100
調査期間 2014年4月18日~4月19日
調査方法・内容 NEC(日本電気株式会社)、IBM(International Business Machines Corporation)、SMBC(株式会社三井住友銀行)、JRA(日本中央競馬会)、ICU(国際基督教大学)の略称と正式名称についてのイメージとして当てはまるものを(正式名称の方が馴染みがある/略称の方が馴染みがある/略称と正式名称がすぐに結びつかない/略称と正式名称が別の企業、団体だと思っていた/正式名称を知らなかった/略称を知らなかった/略称はすぐに出てくるが正式名称は思い出すのに時間がかかる/略称のことを正式名称と思っていた/正式名称の方が丁寧な感じがする/略称の方が洗練された感じがする)の中から複数回答式で回答を得た。
印刷する 印刷する