ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

BtoBサイト調査2014

調査結果の活用シーン

本調査結果の活用方法として、例えば以下のような場面が想定されます。

Webサイトを活用したビジネス戦略の立案

ビジネスに対するWebサイトの寄与の状況を踏まえ、今後自社のビジネスを伸ばすためにどれだけWebサイトに資源配分を戦略的に行うべきかについて、検討材料を提供します。

Webマーケティングにおけるビジネスプロセスの改善

ターゲットユーザーが自社サイトに接触し、閲覧からアクションまで一連のビジネスプロセスの中で、自社が抱える問題点がどこにあるのかを明確化します。これによってビジネスプロセスを改善するための適切な情報が得られます。

自社サイトへの誘導策の強化

アクセスが少ない場合には、ターゲットユーザーにどうすればターゲットユーザーにアプローチできるかを検討する必要があります。本調査でターゲットユーザーの情報源を把握し、マーケティングミックスを再検討するなど、適切な対応を取ることができます。

Webサイトの改善

ニーズ充足度が低い場合には自社サイトのクオリティに問題があることが推測されます。ターゲットユーザーからの評価を詳しく分析することによって、サイトの改善ポイントが抽出できます。

サイト担当者の業績評価

Webサイトのビジネス貢献度の評価に基づいて、サイト担当者の業績評価が行えます。本調査は事業単位での把握を基本としていますので、事業別に業績評価が行えます。

印刷する 印刷する