ブランド戦略通信

再訪問意向ランキング

BtoC サイトランキング 2006

総合ランキング

総合ランキング

Webサイトの情報発信力を、アクセス経験、満足度、再訪問意向の3つの視点から評価した結果が、右表である。調査は、各サイトの商品・サービス分野に関心がある人達に実際に各サイトを閲覧してもらって行った。

最も評価が高かったのは、キリンビールで76.3Ptであった。内訳を見ると、アクセス面での評価が最も高いことが要因となった。一方、2位の花王(71.4Pt)は、満足面での評価が高く、3位のユニクロ(71.1Pt)は再訪問意向での評価が高かった。

上位10には、飲料や食品などの身近な商品を扱っているサイトが多くランクインする結果となった。その内訳を見ると、飲料系はアクセス面、食品系は満足度面での評価が高かった。

業界別ランキング(トップ10)

自動車業界別ランキング運輸・レジャー業界別ランキング電子・電機業界別ランキング食品・飲料業界別ランキング情報通信業界別ランキングトイレタリー・製薬業界別ランキング趣味・娯楽業界別ランキング金融業界別ランキング住宅関連業界別ランキング流通業界別ランキングエネルギー業界別ランキング仕事・学習業界別ランキング

以上「Webサイトの情報発信力」に関する調査(2006年7月実施)より。詳細につきましては、この調査を含む弊社実施調査プログラム「Web Equity(ウェブ エクイティ)」(こちら)をご覧ください。

印刷する 印刷する