Web Equity2006

Web Equity(ウェブエクイティ)2006 結果概要

「Webサイトの情報発信力」に関する調査

総合ランキング
総合ランキング

Webサイトの情報発信力を、アクセス経験、満足度、再訪問意向の3つの視点から評価した結果が、右表である。調査は、各サイトの商品・サービス分野に関心がある人達に実際に各サイトを閲覧してもらって行った。

最も評価が高かったのは、キリンビールで76.3Ptであった。内訳を見ると、アクセス面での評価が最も高いことが要因となった。一方、2位の花王(71.4Pt)は、満足面での評価が高く、3位のユニクロ(71.1Pt)は再訪問意向での評価が高かった。

上位10には、飲料や食品などの身近な商品を扱っているサイトが多くランクインする結果となった。その内訳を見ると、飲料系はアクセス面、食品系は満足度面での評価が高かった。

業界別ランキング(トップ10)
業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング


「Webサイトの事業貢献度」に関する調査

総合ランキング
総合ランキング

Webサイトの事業貢献度(Webサイト価値)を、商品の販売促進の貢献度(売上価値)と、ブランド向上への貢献度(情報価値)の2つの視点から評価した結果が、右表である。

最も事業貢献度が高かったのは、トヨタ自動車で1528億円であった。内訳を見ると、商品の販売促進への貢献度を占める売上価値が全体の9割を占めた。

2位の全日空と4位の日本航空は、インターネット上でのチケット予約販売が大きく寄与した。その内訳は、売上価値7割、情報価値3割と、販売促進に大きく貢献し、かつブランド向上にも貢献している。

3位のホンダは、同業界で1位のトヨタ自動車よりも情報価値が高く、ブランド向上への貢献度が高い。

業界別ランキング(トップ10)
業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング業界別ランキング
印刷する 印刷する