ブランド戦略通信

Web Equity2006

Web Equity(ウェブエクイティ)2006 評価モデル

「Webサイトの情報発信力」に関する調査の評価モデル

調査目的

調査モニターがWebサイトを閲覧した結果に基づき、各社のWebサイトの情報発信力を評価する。

評価モデル

アクセス経験、満足度、再訪問意向の3つの視点から評価し、それらを総合してBtoCサイト指数とした。

【図1】評価モデル
指標

「BtoCサイト指数」とは、以下の3つの指標を総合して算出した指標である。

  • 「アクセス経験」 = 過去1年間のアクセス経験から評価
  • 「満足度」 = イメージ面、使いやすさ面、掲載情報面の3つの視点から評価
  • 「再訪問意向」 = 今後またアクセスしたいかどうかという視点から評価
要因

9つの要因は、「満足度」を構成する3つの評価指標に対応するものである。各要因と評価指標の関係は以下の通りである。

  • (イメージ面)‥画像が良い、レイアウトが良い、色使いが良い
  • (使いやすさ面)‥情報が探しやすい、文字が見やすい、見出しがわかりやすい
  • (掲載情報面)‥情報が充実している、情報が理解しやすい、情報が役に立つ

「Webサイトの事業貢献度」に関する調査の評価モデル

調査目的

Webサイトが消費者の商品購入を始めとする行動に及ぼした影響に基づき、各社のWebサイトの事業貢献度を評価する。

評価モデル

Webサイト価値を総合指標として、商品の販売促進への貢献度(売上価値)と、情報発信によるブランドブランド向上への貢献度(情報価値)の2つの視点からWebサイトを評価する。

【図1】評価モデル
Webサイト価値とは

「Webサイト価値」とは、企業が運営するWebサイトがどれくらい事業活動に貢献しているのかを評価したものである。算出にあたっては、商品の販売促進への貢献度である「売上価値」と、企業や商品の認知度やイメージ、好感度などのブランド向上への貢献度である「情報価値」とに分けて算出した。

売上価値とは

「売上価値」とは、企業が運営するWebサイトが商品の販売促進にどれくらい貢献しているのかを評価したものである。その企業の商品の販売促進に貢献した全情報量(TVなどのメディアだけでなく、店員の声なども含む購入時に参考にしたあらゆる情報)のうち、当該企業のWebサイトからの情報量がどれくらい占めていたのかという観点から算出した。

【図2】
情報価値とは

「情報価値」とは、Webサイトが企業や商品の認知度やイメージ、好感度などのブランド向上にどれくらい貢献しているのかを評価したものである。消費者のサイト閲覧に基づく「閲覧価値」と、サイト閲覧以外の様々な行動(例えば資料のダウンロード)に基づく「行動価値」から算出した。

【図3】
印刷する 印刷する