ニュースリリース

WebEquity2013結果発表(2013年8月26日)

Webサイト価値1位は全日本空輸(ANA)。2位日本航空(JAL)、3位トヨタ自動車

日本ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表者・榛沢明浩)は、日本の有力企業の237社のWebサイトの価値を調査した。
 1位は全日本空輸(ANA)で1,323億円であった。2位は日本航空(JAL)で1,087億円、以下、トヨタ自動車が828億円、アップルが690億円となった。

(注)Webサイト価値の単位は百万円

    順位企業名・ブランド名Webサイト価値
    1全日本空輸(ANA)132,310
    2日本航空(JAL)108,721
    3トヨタ自動車82,828
    4アップル69,008
    5ソフトバンク67,950
    6ソニー60,292
    7NTTドコモ57,437
    8パナソニック56,059
    9ホンダ52,265
    10KDDI48,571
    11サントリー48,273
    12日本コカ・コーラ47,282
    13日産自動車46,016
    14JR東日本40,850
    15積水ハウス40,827
    16ベネッセコーポレーション36,078
    17大和ハウス工業34,624
    18LIXIL31,695
    19ユニクロ30,630
    20ニッセン29,793

20位以降の結果はこちら

調査内容

事業に対する貢献度に基づいてWebサイト価値を評価した。
調査はアンケート調査およびネット視聴率調査による。
アンケート調査は2013年6月のインターネットによる。
アンケート回答者は全国の一般消費者で有効回答数は20,260人。
ネット視聴率は弊社ネット視聴率調査システムReachNextによる。
詳しくは、こちらをご覧ください。

調査に関するお問い合わせ先

  • 株式会社 日本ブランド戦略研究所
  • 住所:〒105-0021 東京都港区東新橋1-3-9 楠本第六ビル8F
  • 電話・FAX・メールでのお問い合わせはこちら
印刷する 印刷する