ニュースリリース

WebEquity2010結果発表(2010年8月30日)

-日本ブランド戦略研究所調べ-
「パナソニックが初のWebサイト価値1位」
自動車・バイク業界ではホンダがトヨタを上回る

結果概要

日本ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表者・榛沢明浩)は、日本の有力企業の232社のWebサイトの価値を調査した。 1位はパナソニックで812億円であった。2位はホンダで661億円、以下、NTTドコモが655億円、全日本空輸が582億円となった。自動車・バイク業界ではホンダがトヨタを初めて上回った。

(注)Webサイト価値の単位は百万円

  • Webサイト価値ランキング
  • 順位企業名・ブランド名Webサイト価値
    1パナソニック(電工含む)81,151
    2本田技研工業(ホンダ)66,133
    3NTTドコモ65,495
    4全日本空輸58,199
    5トヨタ自動車57,407
    6JTB55,549
    7フレッツ(NTT東日本)42,662
    8JR東海42,656
    9日本航空41,073
    10サントリー39,254
    11JR東日本36,945
    12ユニクロ36,444
    13ベネッセコーポレーション34,765
    14野村證券34,634
    15au(KDDI)33,081
    16キリン(ビール・ビバレッジ)31,957
    17ソニー28,886
    18アサヒ(ビール・飲料)28,663
    19東京ディズニーリゾート28,577
    20フレッツ(NTT西日本)27,188

 

調査内容

事業に対する貢献度に基づいてWebサイト価値を評価した。調査は財務調査およびアンケート調査による。財務調査は2010年3月期またはその直近の1年間の決算報告書による。アンケート調査はインターネットによる。調査時期は2010年6月。回答者は全国の一般消費者で有効回答数は18,600人。詳しくは、こちらをご覧ください。

調査に関するお問い合わせ先

印刷する 印刷する