ブランド戦略通信

Car Brands 2010 in China 分析コラム

【第6回】Car Brands 2010 in China 分析コラム-上位車種の評価

アウディ・A6L(一汽VW)

アウディA6Lは認知度69.4Pt、広告接触度74.3Pt、機能的価値評価74.3Pt、情緒的価値評価72.1Pt、購入意向72.1Pt、プレミアム評価73.6Pt、推奨意向79.3Pt(各項目の平均値は50.0Pt)

【図1】アウディA6Lの評価

総合評価ランキング1位、総合評価指数73.6Ptのアウディ・A6L。

同ブランドは中国の30~40万元(約400万円台)の高級車市場において半分以上のシェアを確保しているが、各指標とも非常に評価が高く、ブランド力の高さを裏付ける結果となった。

Mazda6(アテンザ)(一汽マツダ)

Mazda6(アテンザ)は認知度66.0Pt、広告接触度73.0Pt、機能的価値評価60.5Pt、情緒的価値評価63.0Pt、購入意向67.2Pt、プレミアム評価56.2Pt、推奨意向63.4Pt(各項目の平均値は50.0Pt)

【図2】Mazda6(アテンザ)の評価

総合評価ランキング10位、総合評価指数64.2PtのMazda6(アテンザ)。2004年には中国のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した日本車で最も評価の高いブランドである。

広告接触度73.0Pt(2位)、認知度66.0Pt(5位)と高く、効果的な広告が行われていることがうかがえる。

重心を下げた安定性のある走りとスポーティーな外観は若者に人気があり、購入意向も67.2Pt(7位)と高い。

調査の詳細

Car Brands 2010 in Chinaの詳細は こちら

 

印刷する 印刷する