ブランド戦略通信 │トライベック・ブランド戦略研究所

BtoBサイト調査結果分析2015

第5回:スマートフォンの利用状況

グラフはBtoBユーザーがBtoBサイトにアクセスするために使用するデバイスを示したものである。(図1)

最も利用するデバイス、単一回答、PC(据置きで使用)74.5%、PC(持ち歩いて使用)16%、スマートフォン6.8%、タブレット端末2.5%、その他0.3%

【図1】 BtoBサイトユーザーが最も利用するデバイス

もっとも多いのは社内の机の上で利用するパソコン(PC)で、ついで持ち歩いて利用するタイプのPCである。これらを併せて全体の90%を占める。

スマートフォン(6.8%)、タブレット端末(2.5%)の占める割合は小さい。

最近、BtoBサイトにおいても「スマホファースト」が主張されることが多いが、このデータを見る限りBtoBでは必ずしも当てはまらないようである。

もっとも、製品・サービス分野によってスマートフォン利用者比率は異なる。図2は製品・サービス分野別に、利用デバイスのうち据え置きで使用するPC、またはスマートフォンを選択した人を抽出したものである。なお、図1は単一回答だが、図2は複数回答の結果である。

(複数回答、%),複数回答、PC(据置きで使用)、スマートフォンの順に,通信・ネットワーク87.6,51.8,金融・保険サービス85.6,47.4,エネルギー・環境ソリューション83.2,41.8,情報システム80.8,36.0,ライフサイエンス85.4,34.6,セキュリティソリューション88.6,34.2,人材サービス85.8,32.4,医療用医薬品82.6,32.0,電子部品・材料83.1,31.3,ソフトウエア・ミドルウエア86.8,1.2,建材・住設機器・照明機器89.8,30.8,建設機械・トラック・バス ・農業機械82.6,30.2,医療機器85.4,29.6,サーバー・ストレージ87.4,28.2,FA(制御機器等)86.0,26.2,ドキュメントソリューション88.4,26.2,化学製品・材料82.4,23.4,計測機器84.2,19.2

【図2】 BtoBサイトユーザーが利用するデバイス(複数回答)、PCとスマートフォンの比較

この結果を見ると、「通信・ネットワーク」、「金融・保険」のように非常にスマートフォン利用者の割合が高い製品・サービス分野がある一方、「計測機器」のようにスマートフォン利用者の割合が小さい業界もあることがわかる。

しかし、もう一つ重要なことは、PCの利用者の割合はどの業界でも80%を超え、あまり変わらないことである。スマートフォン利用者の割合は製品・サービス分野によって異なるが、どの分野においてもPC利用者の割合より小さい。

このことから、どの業界も、主なデバイスはPCで、スマートフォンの利用は補助的なものであることがわかる。

調査の詳細はこちら

ランキングはこちら

印刷する 印刷する